ペニス増大サプリに含まれる既存食品添加物とは?役割と成分の種類

ペニス増大サプリにも食品添加物は含まれている

食品添加物をあまり摂りたくないと考える人は多いのですが、実はペニス増大サプリにも既存食品添加物は含まれています。それぞれの商品の配合されている成分を確認すると、有効成分と食品添加物とに分けることができ、粗悪品は添加物の量を増やして必要な成分を減らすという儲け重視の商品づくりを行っているようです。

ただし、既存添加物は日本で広く長く利用されてきた経験から、安全だと認められていて例外的に使用や販売が許可されているものですので、体に影響を与えるものではありません。ペニス増大サプリによく配合されているL-アルギニンもその一種であり、体内の一酸化窒素の生成を回復させることで、勃起を上手くコントロールできるようになります。L-アルギニンとバイアグラを併用すると、更に効果がアップするというデータもあります。また、ペニス増大に欠かせないL-シトルリンの血流促進作用を高めるのにも欠かせない成分です。

L-アルギニンの優れた効果

ペニス増大サプリによく含まれているL-アルギニンは、精子の数を増やしたり活動的にする場合にも有効です。精子の成熟には成長ホルモンが必要ですが、L-アルギニンには成長ホルモンの分泌量を増やす作用があり、精子の量や活動量にも良い変化をもたらします。

また、勃起が上手くいかない人にも効果的だとされていて、一酸化窒素の生成量を増加させることで血管を拡張しやすくなります。血流量が増えればもちろんペニスの大きさにも変化がありますので、ペニス増大サプリには欠かせない成分と言えそうです。

このように既存食品添加物は多くの人が考えているような悪いものではなく、ペニス増大サプリに必要な成分ですし、他の成分との相互作用によって増大効果を更にアップさせることもできます。
L-アルギニンはアミノ酸の一種であり、調味料や強化剤に最適ですので広く用いられていますし、医薬品にも使われている安全性の高いものです。

まとめ

添加物は避けられる傾向にありますが、ペニス増大サプリに含まれる既存食品添加物の一種にL-アルギニンがあり、ペニスを増大させるための優れた作用を持ちます。摂取すると成長ホルモンの分泌量を増やして精子の量や活動量に良い変化をもたらしますし、一酸化窒素の生成量を増やすことで血管を拡張させ、勃起をスムーズにすることが可能です。ペニス増大サプリに欠かせない成分のL-アルギニンは、医薬品としても利用される安全性の高い成分です。