創薬をビジネスと割り切った考えの場合、問題となることがある。
これからの医療はより個人に細分化された医療が求められるが、
ビジネスの場合はビジネスモデルとして成り立つか?から考えるので、
個へと考える医療とは反する考えとなる。
よく言えば、一般的な病は安易に。
悪く言えば、症例の少ない病気は無視。
一般労働者派遣事業許可など派遣の問題で対立が起こるらしいですが、
これは雇い主と従業員の考えが同じ方向を向いていないから起こる事だが、
まさにこれが今の創薬ビジネスの問題と考えと被るのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です