ベンチャーは労働者の考えが反映されるまでの壁が低いので、
求人探しで含めたい条件である持論があります。
最初は建築の求人を中心に見ていたのですが、
情報源の中に一つだけ埋もれていた創薬ビジネスのベンチャーから目が離せなくなりました。
建築会社が資本を出しているので、もともと得ようとしていた内容に
少なからず合致したというわけです。
創薬ビジネスの研究に必要な建物を求人を生み出した企業が築造することによって、
ベンチャーの歩み始めに必須の費用が少ない点に強みを感じました。
機材の種類を多くするほど創薬ビジネスの成果が上げられやすいので、
建築業界が参入するのは理に適っているからです。
建築の求人ではないものの、応募する意志が固まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です