日本の創薬系バイオベンチャーはアメリカから20年ほど遅れて産声をあげました。
2000年前後から黎明期の約10年を経験しました。
博打要素の大きいビジネスではありますが、
日本のバイオテクノロジー産業も徐々に育ってきているのではないでしょうか。
そんなことをまとめていたのですが、先ほどトイレの水漏れが発覚。
これから水道修理業者を呼ぶことになりました。
なるべくなら早く安く終えたいので、いろいろ調べてから業者を選定しようと思います。
続きは後ほど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です