創薬とは医学、生物工学および薬学において薬剤を発見したり
設計したりするプロセスのことである。
以前は、大半の薬剤が伝統治療薬(生薬)の有効性成分の同定や
宝探しのようにして発見されたものであった。
今日における創薬アプローチは疾病や感作が分子生物学や
生理学の見地で解明された制御機序や、
その見地において見出された創薬対象の特性を理解することで薬剤を発見する手法である。

以上、創薬に関してwikiの記述を抜粋してみました。
新薬開発と創薬という言葉は、イコールかと思われがちですが、
新薬開発するために創薬という事が必要になってくるというイメージですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です